誕生日にプレゼントでもらった飛行機で遊びました

post on 7月 6th, 2014
Posted in 未分類

大空はいつも少年たちの夢をいっぱい受けて、どこまでも青く広がって
います。
パパ達は、子供の頃を思い浮かべてみるといいかと思います。
細い竹ひごをろうそくの炎であぶりながら曲げて、アルミニウムの
管をつけ、薄い和紙を破れないように丹念にはった飛行機を作って
子供にプレゼントしました。
誕生日には、やがてこの手で作った飛行機があの空を飛んでいきまし
た。
胸が躍るようなこの興奮が、あのめんどうでこまかい飛行機作りの
作業を支える原動力となっていたのではないでしょうか。
だからこそ、より高く、そして長い時間空をかけることができる
ように、子供たちはプレゼントしてもらったさまざまの工夫を
自分たちの飛行機に加えたのです。
プロペラをより薄く削り、尾翼の角度を変え、ゴム糸の長さにも心
を配りました。
そして完成した飛行機のプロペラを巻き、愛機の機首を空へ向ける
とき、心は既に飛行機のパイロットと化し、まるで自分自身が
飛行機に乗ってあの雲のかなたを行くかのような期待に胸がふるえま
した。
現代の飛行機といえば、マッハの数字を誇る巨大なジェット機が代表的
です。
しかし、まるで青空を引き裂くかのように飛ぶあの機械のかたまり
は、どこか私たちの常識をこえた非人間的な世界の産物のような気
さえするのです。
そんな時代に生きていく子供たちに対して、あのなつかしいプロペラ
機の人間的な姿をもう一度見せてやるのも誕生日プレゼントにふさわし
いことではないでしょうか。
いつの時代でも子供の心は変化しません。
たとえ、パパの手で作ったものでも、心を託した手作り機が大空に
舞う爽快さは同じです。

パパの手製の誕生日プレゼント

post on 7月 6th, 2014
Posted in 未分類

いってみれば、売られているおもちゃに対して、ひとりの子供たち
のためにひとりの大人が作りだした、個性的で優しさのにじみでた
心を求めるのは無理だと思います。
その点、多少見栄えはよくなくても、親が子供のために手作りして
あげるおもちゃには、既製品とは基本的に違う良さがあります。
何と言っても、知り尽くした自分の子供の性格や年齢、そして体
など、さまざまな成長の条件に合わせて、親が頭を絞り、手を動かして
生み出すのです。
そのプレゼントには、血肉の通ったあたたかな心が息づいています。
親子の肌が触れ合うようななごやかさの中で、世界にたった一つしか
ない宝物のような誕生日プレゼントとして、無限の想像力を豊かに
はぐくむといいでしょうね。
そういった親の愛情を込めることができるおもちゃとその作り方さえ
からればきっと楽しい贈り物ができると思います。
これをもとに自由にアイデアで加えてみたいです。
そこにこそ、手作りのおもちゃギフトとしての本当の姿があるのです。
パパの太い腕はなんでも作ることができるような感覚を持っていま
した。
椅子も妹のベッドも、毎朝みんなで食べるトマトやきゅうりも、
そして私のおもちゃもみんなパパが手作りしてプレゼントしてくれた
ものです。
そして、なによりパパが楽しそうにしているのは私と遊ぶ時です。
凧揚げだった、水遊びだって目をキラキラさせて楽しんでいます。
まるでもう一度小さな子供になったような感じです。
でも、時々ふと顔を見上げて遠くにある雲を黙って見ている時も
あります。
きっと次に作るものを考えているのだと思う。

手作り誕生日プレゼントの利点

post on 7月 6th, 2014
Posted in 未分類

贈り物やお返しに欠かせない送り状やお礼状ですね。さらりと書く
ためにはに手紙やはがきの基本的な書き方を知っておかなければな
りません。
いつでも書けるように便箋や封筒、はがき、切手の準備を忘れては
いけません。
誕生日プレゼントはそれほど形式ばったことはないけれど、あらた
まった手紙は基本的な形式を知っていると、意外に簡単に書くこと
ができます。
手紙は、はじめのあいさつ、用件、本題、結びのあいさつ、日付、
署名、あて名などの要素で構成されれのが普通です。
縦書きでも横書きでもメッセージカードの基本構成は同じですが、
目上の人への手紙や依頼、おわびなどのカードは縦書きで書くように
します。
あらたまった手紙の場合、便箋、封筒は白無地を使い、万年筆、
水性ボールペン、細字のフェルトペン、油性ボールペンなどを
使います。
インクは黒かブルーブラックがいいでしょうね。
あらたまったプレゼントには裏紙のついた二重封筒を使うといいです。
よく、おもちゃ屋のショーウインドウーの前でしゃがみこんで買って
くれなきゃ嫌だとだだをこねている子供の姿を見かけます。
確かに既成品のおもちゃは、その華やかな色彩と、完成された商品と
してのりっぱさで、子供の心を魅了します。
こどもの誕生日のときにプレゼントする親心はよくわかります。
でも、それらのおもちゃは、あくまでも商品として大量に、どんな
子供にでも合うように作られたものでしかありません。

サプライズの誕生日プレゼントの贈り方

post on 6月 24th, 2014
Posted in 未分類

プレゼントについて経済学者のアドバイスに従うのは、スイス人
を恋人にするようなものです。
真剣に誕生日プレゼントを選ぶ時は、顔も見たことがない気難しい
学者の言葉より、自分の直感を信じた方がいいのです。
さて、手持ちのカードは限られています。
私たちは贈り物を買わなければならず、現金を贈ることは基本的に
できません。
贈る相手は、よく知っている人から顔も覚えていない人までさま
ざまです。
1年間の誕生日で、友人や家族、知人に贈る予定のプレゼントは
一人平均23個です。
23個だって?
自分の欲しいものを1個選ぶだけでも大変なのに、他人のために23個
もようやって選べというのか。
またクリスマスなどのお祝いごとに世界中で2000億も贈り物に費やされるらしい。
その一方で、多くの有意義なプロジェクトに資金が集まらないのです。
もっと慎重にプレゼントを選ぶべきだという議論があるなかで、虚しい
だけだが、改善のための最初の1歩は問題があることを認めること
です。
おばあちゃんから、トミーのミニカーの代わりに万華鏡をもらった
少年は、いい子すぎて「こんなもの欲しくなかった」とはいえなかった
です。
だからおばあちゃんは気づかなかった。
理想の誕生日プレゼントとは何でしょうか。
それは、もらう人を喜ばせ、新たな消費行動の可能性につながり、
同時に贈り手と受け取り手の温かい気持ちつなぐように注意深く選ばれたものです。
とくに難しいのは、受け取り手を喜ばせることで、それも本人が
自分で欲しいことにさえ気づいていなかったようなサプライズを
贈ることです。
クリスマスプレゼント

ギフトカードの誕生日プレゼントにおける地位の向上

post on 6月 24th, 2014
Posted in 未分類

自然は真空を憎み、経済は、というか私は無駄を憎む。
以前にも述べましたように、年老いた親戚や遠縁の人は、相手に
気まずい思いをさせずに品物を贈るのではなく、金銭を贈ることを
特別に許されています。
結婚にはお金がかかるから、新婚カップルは昔から欲しいものリスト
を作って本当に欲しいモノをリクエストすることができます。
これは、現金をもらって自分で買うのと結果的には同じです。
しかし、ほかの場面ではどうでしょうか。
普通の人がスマートに現金を贈ることを許されるのはどんな時かな。
答えは商品券です。
紙の商品券は昔からありますが、ギフトカード(磁気カードの商品券)
が普及するようになってから、誕生日プレゼントにもらって
嬉しいかどうかはまた別のはなしです。
ギフトカードは数年足らずで広く普及しました。
これほどギフトカードの売上が急増したのはなぜか。
全国にチェーン展開する店が増えたことと、人々がプレゼント選び
に頭を悩ませていることです。
特に、特別なものを買いに行く時間が足りない女性にとって、誕生日プレゼントは頭痛の種です。
しかし、もっとも重要な理由はおそらく、プレゼントとしてのギフトカードに対する心理的抵抗が薄れていることです。
もはやギフトカードは贈り物として人間味がないという偏見はなくなってきました。
喜ばれるプレゼントの人気ランキングでも上位に入ってきました。
ちなみに、衣料、服、DVDを上回っています。

お金持ちは教育と貯蓄を誕生日プレゼントにします

post on 6月 24th, 2014
Posted in 未分類

金持ちほど誕生日プレゼントにお金を使うのかどうか。
もしそうなら誕生日は高級品ということになります。
何が生活必需品で何が高級品なのかは、より最近のデータからも
わかります。
食料と衣料は明らかに生活必需品ですね。
一方で、弾力性が高い娯楽、現金支出、年金積立は明らかに高級品
です。
貧しい家庭では所得のわずかしか年金積立にあてることができませ
んが、年収が1500万円以上の家庭では年金積立の支出が所得の15%で
食費は11%、住居費は32%にすぎないです。
豪邸を紹介するテレビ番組がこんな具合に始まります。
「今日は中流上層階級のジョンさんのお宅にお邪魔しています」
かなり裕福だが、バスケットボールの屋内コートや金メッキの蛇口
があるほどではない。
司会者は戸惑っています。
いつもならゲストは豪華な戦利品を見せびらかすのだが、どうも
勝手が違います。
「ジョンさん、お金は何に使っているのですか?素敵なお宅ですが
拝見したところ贅沢はしていないみたいですね。」
「ええと、そうですね、食事と服、住まいの費用を払って、残りは
ほとんど老後の資金と子供のたちの教育費のために貯蓄しています。
そうだ、去年はみんなでヨーロッパに旅行しました」
これが現実なのです。
高所得者は教育費と老後の蓄えの支出が平均的な家庭より多いです。
金持ちの行動から学ぶとすれば、誕生日プレゼントには教育的な
サービスや貯蓄を選ぶのが賢明なようです。

もっとお金があったら他人に誕生日プレゼントを贈りますか?

post on 6月 24th, 2014
Posted in 未分類

所得が増えれば購入量も増えるが、所得と同じペースでは購入額が
増えないものがあります。
下着などがその一例です。
所得が増えればたくさん買うが、所得全体に占める下着代の割合は
減ります。
もっと典型的な例は食費です。
所得が増えるほど食費の占める割合が減ることは、「エンゲル係数」
として知られていますね。
裕福な人は貧しい人より下着や食品のような生活必需品に対して
多くの出費をしますが、その金額が所得全体に占める割合は貧しい
人に比べて小さいです。
そして、裕福になるほど購入する金額もそれが所得に占める割合
も増えるものがあります。
ロブスター、キャビア、ダイヤモンド、シルクのハンドバックなど
の高級品です。
これらは誕生日プレゼントとしてしかもらったことがないし、手にした
こともないような贈り物として存在価値があると思います。
または、クリスマスのようなお祭り騒ぎ気分で勢いがある時しか
買わない物ですね。
モノを買うことで満足が得られるのなら、お金あったら買いたいもの
は、人々の少なくとも物質的な欲求を満たします。
いうまでもなく、衣食住は誰でも必要です。
しかし基本的な必要が満たされると、人は残ったお金で何を買うの
でしょうか。
他人の贅沢をのぞいてみることは、そのヒントになることでしょう。
私たちはもっとお金があったら何をするのか。
これを時代と経済力という2つの尺度かた考えてみたいです。
おそらく、誕生日プレゼントに高額商品を貰える可能性があります。

誕生日プレゼントは義務か?贅沢か?

post on 6月 24th, 2014
Posted in 未分類

もっとお金があったら何を買う?
仲間で集まると盛り上がる話題の一つです。
旅行、高級車、最新の電子機器。
金持ちの日常を紹介するテレビ番組は、裕福な人々の物質的な幸福
をのぞきながら、「お金がすごくたくさんあったら何を買う?」と
想像して楽しんでいます。
それはつまり、もし自分が教養のない金持ちのアスリートやミュージシャンだったらという話でもあるのだが。
ヒップでリッチなセレブは高級車を何台も買い、自宅にバスケットボールの屋内コートがあって、蛇口は金メッキらしい。
何ともすばらしい番組ではないですか。
テレビ社会学は、私たちの俗世界と金持ちの世界を比較することは
できても、異なる所得層の消費パターンを体系的に比較するこは
できません。
こうした比較のためには、退屈であくびが出そうですが、政府の統計
が必要なのです。
テレビの華やかで生き生きした描写とは程遠いが、政府の統計も
「お金がたくさんあったらきっとお友達に豪華な誕生日プレゼント
を買うのか?」といった質問には答えてくれます。
消費行動の中で、所得が増えるほど購入量が減るものがあります。
たとえば、加工肉に缶詰です。
貧しい人はたくさん買いますが、裕福な人はほとんど買いません。
これを経済学では下級財と呼びますが、リッチな人はクマのぷーさん
のぬいぐるみを好きな人の誕生日プレゼントに贈ったりするはずです。
それだけ、家計に余裕があるから他人が嬉しそうにする笑顔を見たく
なる精神的余裕もあるのです。

消費大国アメリカの誕生日プレゼント事情

post on 6月 24th, 2014
Posted in 未分類

アメリカ人の無節操ぶりは世界に知られています。
世界の人口のわずか5%で、世界のガソリン消費量の25%を使い、ヨーロッパ
に比べると半額でしかないガソリン価格が高すぎると文句を
言っています。
大型車を乗りまわし、市街地から離れたところに次々と広がる町で
広大な敷地に建つ大きな家に暮らしています。
だからこれほど車が必要なのですけどね。
おまけに太っている人も多いです。
男性の32%、女性の38%が肥満でした。
194か国のうちアメリカより男性の肥満が多いのは、チンガやサモア
など西太平洋諸国だけです。
女性は多少ましで、中東の国やドミニカなどの国々より肥満の比率
は低いです。
これだけ食欲旺盛なアメリカ人だから、きっと物欲も旺盛で誕生日
の時の消費額も世界でずば抜けているはずだと思っていたけど、
実はそうではなかったのです。
アメリカはクリスマスや誕生日にお金を多く支出します。
では、世界ではどうでしょうか?
文化的に洗練されたヨーロッパ人や勤勉で生産的なアジア人、陽気
な中南米人、あるいは貧しいアフリカ人も、アメリカ人と同じように
誕生日を商業的なイベントとして熱狂的に祝うのでしょうか。
もし、そうなら彼らの誕生日プレゼントもアメリカ人と同じように
非効率で無駄を生じているのかもしれません。
アメリカの贈り物の支出はフランスより控え目だということだった。
物質主義に染まった祝祭に関して、アメリカが明らかに世界一の
プレーヤーだというわけではありません。

再配分の機能から誕生日プレゼントを考察

post on 6月 24th, 2014
Posted in 未分類

政府の贈り物の対象は低所得の家庭に偏っています。
しかし、世帯所得別のデータを見ると、個人間の贈り物ではこの
「再配分」機能はあまり働いてないようですね。
低所得の家庭にとってプレゼントの価値は所得のかなりのウェートを
占めますが、高所得の家庭では低い水準で安定しています。
個人間の誕生日プレゼントは裕福な人から貧しい人へ贈られるという
よりも、裕福な人同士のやりとりなのです。
個人の贈り物は政府の贈り物と違って、受け取り手の消費選択を制限
するのではなく満足を高めようとします。
現金への抵抗感がなければ贈り手は現金を贈り、受け取り手はその
お金で自分が本当に欲しいものを選んで満足を最大化するでしょう。
クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントに現金より品物(いわば
現物支給)が圧倒的に多い理由は、現金を贈ることに対して対抗
があるからです。
現金の誕生日プレゼントは、孫が何を喜ぶかわからなくて困っている
祖母にとって効率的な贈り物をするための助け船となります。
商品券も誕生日プレゼントの世界では主流になりつつありますが、
現金を贈ることに強い文化的な抵抗があるかぎり、当面は現金では
ない贈り物を選ばなければいけないだろうね。
私たちは、現金かモノかの板挟みとなり、お誕生会が来るたびに取り返し
のつかない無駄を生み続けています。